会社が解散してしまったら会社清算│債権債務などを整理してすっきり

スーツの男性

遺産に関する様々な決まり

握手

相続とは、知人や家族が亡くなってしまったとき、亡くなった人の財産などをある特定の人たちに受け継ぐことです。財産相続はきちんとしていないといろいろな問題が発生しやすくなってしまいます。財産の相続問題は大変デリケートで重要な問題ですので、しっかり処理を行う必要があるのです。福岡でも故人の財産相続をするときに困った点やわからない点などを抱える人が多くいることでしょう。福岡をはじめ日本全国には、財産の相続をできる人は民法できちんとした決まりがあります。相続者の権利は常に亡くなった人の配偶者に当たる人物です。その配偶者がいない場合や権利を放棄した場合には、相続者になる人の優先順位というものがあります。

まず第一に相続者の候補となるのが、亡くなった人の子供に当たる人です。子供はその人の直結の血縁関係がありますので、財産を相続する権利が極めて高いのです。万が一子供がすでに他界してしまったなどのことがあれば、その子供の子供(故人の孫など)に相続権が渡ります。その次は、亡くなった人の両親や祖父母に当たる人物に権利が渡ります。両親が健在であるならば両親が優先的ですが、もしいなければ祖父母へと引き継がれるようになります。最後に優先順位に上がるのが亡くなった人の兄弟や姉妹になります。兄弟や姉妹もいない場合は、その子供に引き継がれるようになります。このように遺産の相続には様々な順位が存在し、決まりを守っていかなければならないのです。福岡には遺産相続に関する悩みやトラブルを解決してくれる専門の人々が多く在籍していますので、何か困ったことなどがあれば遠慮なく相談してみるといいです。遺産相続はいろいろな法律なども絡んできて難しい問題も多いです。福岡の専門家にきちんと解決してもらいましょう。