会社が解散してしまったら会社清算│債権債務などを整理してすっきり

スーツの男性

国民の税問題を解決

電卓

税理士とは、人々の税金に関する様々な問題を専門的な知識や経験から納得のいくように解決してくれる人のことです。千葉にもそういった税のプロたちがたくさん在籍しています。何か困ったことやわからないことは相談資すると良いです。

Read More...

いろいろな清算法

オフィス

会社清算とは、会社が解散してしまったとき後からこれまでに発生した債権債務などを整理してすっきりさせることです。会社を取り扱っていた不動産や有価証券などを現金に換えたり、買掛金などの債権を集め、そのほか売掛金など様々な債務の返済を行っていきます。会社清算を行ったあとその会社に残余資産などが残るケースでは基本的に株主である社員に資産が分けられる形になっています。資産を分ける割合には出資割合という基準が存在しますのでそれに従って分けられていきます。社員への資産の分配が完了したら、その株主の総会や社員の総会で資産の決算報告書を承諾して、会社清算は終了したことになります。会社清算が終了することで、その会社は完全に消滅したということになるのです。

この会社清算には種類があります。種類には任意清算と法定清算というものがあります。任意清算とは、合名会社や合資会社の場合のみにできる清算方法です。社員の全体的な同意を得ることで、会社の資産を全面的に自由にすることができる清算方法のことです。また逆に法定清算という方法は、法律で決められた内容に従って清算の手続きを進めていくやり方のことです。この法定清算は通常清算と特別清算の二つに分けられます。通常清算は、会社の清算人と呼ばれる専門の役職の人が会社清算の手続きを行っていく方法です。この清算方法は一番一般的な方法であり、この方法を採用している会社が多いです。また、特別清算という方法は、少し変わってきます。会社に債務の超過など資産の使用状況に何か問題があると感じさせることが起こった場合に裁判所の監視のもと会社清算を進めていく方法のことです。これは、誰かが会社の資産を横領していたりしてトラブルがある場合に行われる清算方法ですので、一般的に破産に追い込まれることがほとんどです。こういったような会社の資産を清算する方法は状況によって様々あります。会社清算を行うときは、解散したあと少なくとも2か月以上の準備期間が必要となってきます。

企業に向けたサービス内容

電卓

大阪の税理士事務所では、個人向けのサービスだけではなく、会社を経営する人たちに向けても様々なサポートを行っています。会社の経営で困ったことやわからないことなどがあれば税理士に相談することでアドバイスをしてくれます。

Read More...

遺産に関する様々な決まり

握手

故人の遺産相続には、いろいろな法律で定められている決まりが存在します。遺産の相続をする人には優先順位がありますので、福岡の専門家などにきちんと損談してみることが良いといえます。

Read More...